ヤッさん〜築地発!おいしい事件簿〜 1〜3話まとめ | 2016年 夏のドラマ まとめサイト

ヤッさん〜築地発!おいしい事件簿〜 1〜3話まとめ

『ヤッさん』は金曜8時 TV東京

食の達人という謎の男・ヤッさん
職を転々として、とうとう宿無しになった今どきの青年・タカオ
この2人が取り巻く、痛快人情物語。
毎回登場するマドンナに注目です!

登場人物 相関図

160806-0001

  • ヤッさん(伊原剛志)
    〜宿無し・一文無し・食の天才〜
    幅広い食の知識と人脈を持ち、食のコーディネーターのような事をしている。 「ヤッさん」と呼ばれ、皆から親しまれているがその過去は謎に包まれている。「矜持ある生き方」がモット―。 口が悪く、人に対して厳しく見えるが、どん底に落ちた人間を見過ごせない。 毎日の筋トレを欠かさず、都内を走って移動する。

  • タカオ(柄本佑)
    〜ヤッさんの弟子〜
    IT企業に就職したが、うまくいかず退社。 職を転々とするが、ついには宿無しになってしまう。行き倒れた公園でヤッさんに救われる。
    ヤッさんと行動を共にし、「食べる」ということを覚えていき、繊細な味覚を培っていく。美人に弱く、惚れっぽい一面も。 ヤッさんに舌と体を鍛えられ、自分の生きる道を見つけていく。

  • ミサキ(山本舞香)
    〜蕎麦が好きすぎる女子高生〜
    蕎麦職人になるために北海道から東京へ家出してきた時に偶然ヤッさんとタカオに出会う。
    幼い頃から培われた味覚で、些細な味の違いも敏感に感じることができる。
    一直線な性格で、暴走しがちな所も。名店「はし田」の蕎麦が特に好きで、橋田は憧れの人。

  • オモニ(板谷由夏)
    〜ヤッさんとは夫婦!?新大久保・韓国料理店の女店主〜
    歯に衣を着せぬ物言いで、喜怒哀楽が激しいが、
    情が深く、世話好きでヤッさんやタカオにいつもご飯を用意してくれる。
    ヤッさんとは長い付き合いだが、その関係は不明

  • 橋田(里見浩太朗)
    〜ヤッさんの過去を知る四代続く老舗の蕎麦店「はし田」の店主〜
    黙々と蕎麦と向き合う江戸っ子気質の職人。ミサキの憧れの人物。
    築地界隈にも顔が利き、予期せぬヒントを与えてくれる。
    謎多きヤッさんが唯一心を開く相手でもある。

  • 正一(上地雄輔)
    〜築地市場の元気印!仲買人&「築地食堂」の店主〜
    ヤッさんと懇意にする築地市場の仲買人。
    市場で働く人が集まる「築地食堂」も営む働き者でムードメーカー。
    みんなから「正ちゃん」と呼ばれている。
    パートの由起子に淡い恋心を抱いている。

  • 由希子(富永沙織)
    正一が経営する「築地食堂」のパート従業員。
    優しい笑顔でお客さんに元気をくれる存在。

  • 吉田(渡辺紘平)
    老舗の蕎麦店「はし田」で修業中の蕎麦職人。
    仕事熱心で真面目だが、声が大きすぎるのが欠点。

  • すみれ(松本海希)
    老舗の蕎麦店「はし田」のパート従業員。
    元気で世間話が大好き。(実はスマホの使い手。)

主題歌

主題歌は、世良公則さんが歌う、『宿無し』

第1話 「ホームレスのグルメ帳」 あらすじ

ゲスト:ナカシマミキ(佐々木希)

東京のど真ん中、銀座で路頭に迷っていたタカオ(柄本佑)は、ひょんなことから宿ナシ無一文のヤッさん(伊原剛志)と出会う。
ヤッさんが確かな舌と食の知識で対価を得ながら、“矜恃”ある生き方をしていることを知り、タカオは弟子入りを志願。奇妙なコンビが誕生する。
弟子として、ヤッさんと行動を共にするようになったタカオはフリーライターのミキ(佐々木希)からヤッさんとコンビで料理店を紹介する企画に協力してほしいとお願いされるが、ヤッさんが極度のマスコミ嫌いだと知って断ることに。
しかし、ミキはタカオ1人でもと懇願されて、ヤッさんには内緒で協力することに決める。
これが思わぬ事態を引き起こしてしまい…。

第2話 「ラブミー蕎麦」 あらすじ

ゲスト:陽子(奥貫薫) ミサキの母/食才人(児嶋一哉)

宿ナシ無一文だが食の天才・ヤッさん(伊原剛志)に弟子入りしたタカオ(柄本佑)は、橋田(里見浩太朗)が店主を務める4代続く名店の蕎麦屋「はし田」で帽子をかぶった少年が食い逃げするのを目撃。
タカオが逃げる犯人を捕まえると少年ではなく高校生の少女・ミサキ(山本舞香)だった。
食い逃げ犯ながら「はし田」の蕎麦の魅力を熱く語るミサキの姿に、ヤッさんはミサキを引き取り、更生させると宣言。ヤッさんの保護下で生活することに。
実は、ミサキは蕎麦職人になる夢を抱くが、母・陽子(奥貫薫)から猛反対され北海道から家出してきたという。
そんなミサキの身の上話を聞いたヤッさんはまさかの蕎麦禁止令を出す。
さらに、ヤッさんはタカオにミサキを任せ、どこかにフラリと消えてしまう。
残されたタカオは、オモニ(板谷由夏)のもとで寝泊まりするミサキを連れ、ヤッさんの教えを実行。
そんな中、タカオは自分が引き起こした週刊誌報道のせいで悪評が立ってしまった「はし田」のために公式ページを作ることに。
【食才人】と名乗る人気ブロガーが絶賛した効果もあり、店は連日大賑わいの大行列ができるように。
そこへ姿を消していたヤッさんが戻ってくるがその光景を見て、タカオを一喝する。
怒られたタカオは【食才人】にお店について書かないでほしいと連絡する。
一方、ヤッさんはミサキに高校の転入手続きをするように一方的に通達する。
蕎麦を禁止されたり、高校転入を勧めたり、自分を理解してくれないヤッさんにミサキはついに…。
さらに、連日大賑わいだった「はし田」がとんでもないことに…。

第3話 「籠城レストラン」 あらすじ

ゲスト:中尾喜一(宮川一朗太)/中尾の妻(紺野まひる)

人形町の洋食店「東雲軒」店主・中尾(宮川一朗太)が系列店の「SHINONOME」に人質に取って立てこもった!
カキフライが人気の洋食店「東雲軒」はここ数年で店舗を増やし、業績も好調だったはずなのに…。
オーナーでもある中尾の目的とは?
ヤッさん(伊原剛志)は、中尾の妻・正江(紺野まひる)に助けを求められ、事件の真相を暴こうと走り出す!
向かった先は中尾が立てこもる「SINONOME」。弟子のタカオ(柄本佑)とともに東雲軒のシェフのふりをして 籠城先に潜入することにしたヤッさん。
オモニ(板谷由夏)や橋田(里見浩太朗)が心配する中、ヤッさんとタカオは作戦を決行!
そして、中尾の口から語られる、料理人の想いを踏みにじる悪徳外食グループのヒドイ仕打ちとは?
ヤッさんは事件解決へ向け、中尾に驚きの提案をする。

『ヤッさん』の原作本はこちら!

ヤッさん2 神楽坂のマリエ [ 原 宏一 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】
ヤッさん2 神楽坂のマリエ [ 原 宏一 ]
722円(税込・送料込)

原 宏一 双葉社ヤッサン カグラザカノマリエ ハラ コウイチ 発行年月:2015年10月15日 予約締切日:2015年10月13日 サイズ:文庫 ISBN:9784575518252 原宏一(ハラコウイチ) 1954年長野県生まれ。茨城県育ち。早稲田大学卒業後、コピーライターを経て、97年『かつどん協議会』でデビュー。書店員の熱心な応援により、2001年に文庫化された『床下仙人』が、07年にベストセラーに。同書は2007年啓文堂書店おすすめ文庫大賞にも選ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 念願かなって神楽坂でカフェを始めたマリエ。だが店はすぐに行きづまり、路上を彷徨っていたところを謎の中年男に助けられる。この「誇り高き宿無し」であるヤッさんは、築地市場や料理店を駆け回り、食の達人として関係者の相談に乗っているという。時には啖呵を飛ばし、時には悩む背中を押すヤッさんに、人はなぜ惹かれるのか?マリエは弟子入りし、新たな道を探っていく。大好評ユーモア人情小説の第二弾! 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・は行 文庫 小説・エッセイ

ヤッさん3 築地の門出 3 [ 原 宏一 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】
ヤッさん3 築地の門出 3 [ 原 宏一 ]
743円(税込・送料込)

原 宏一 双葉社ヤッサン スリー ツキジノカドデ ハラ コウイチ 発行年月:2018年10月11日 予約締切日:2018年09月05日 ページ数:336p サイズ:文庫 ISBN:9784575521559 原宏一(ハラコウイチ) 1954年長野県生まれ。茨城県育ち。早稲田大学卒業後、コピーライターを経て、97年『かつどん協議会』でデビュー。書店員の熱心な応援により、2001年に文庫化された『床下仙人』が、07年にベストセラーに。16年「ヤッさん」シリーズがテレビドラマ化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ヤッさんの一番弟子としてドン底から立ち直ったタカオ。妻のミサキは本物の蕎麦職人を目指すため、農家に住み込みで働くことになった。取り残された恰好のタカオは、ヤッさんが何者かに襲われたと聞く。どうやら市場移転を前に、築地では軋轢が絶えないらしい。タカオは自らも修業し直すことを決め、ヤッさんの助手として再び人々のために奔走する。大好評ユーモア人情小説の第三弾! 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・は行 文庫 小説・エッセイ

ヤッさん (双葉文庫) [ 原宏一 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】
ヤッさん (双葉文庫) [ 原宏一 ]
733円(税込・送料込)

双葉文庫 原宏一 双葉社ヤッサン ハラ,コウイチ 発行年月:2012年10月 ページ数:379p サイズ:文庫 ISBN:9784575515282 原宏一(ハラコウイチ) 1954年長野県生まれ。茨城県育ち。早稲田大学卒業後、コピーライターを経て、97年『かつどん協議会』で作家デビュー。書店員の熱心な応援により、2001年に文庫化された『床下仙人』が、07年にベストセラーに。同書は2007年啓文堂書店おすすめ文庫大賞にも選ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 段ボール暮らしのタカオは見知らぬ中年男にたたき起こされた。「おめえ、それじゃ銀座でホームレスなんざ張っていけねえぞ」。訳もわからずついていくと、その男、通称ヤッさんは驚くべき食の達人で、築地市場と高級料理店を行き来して生活する、誇り高きホームレスだった。「旨い食いもんと人間が好きなこと」だけ確かな謎だらけのヤッさんは、時には料理人を叱り飛ばし、食の世界に起こるアツイ事件の解決に奔走する。やがて弟子入りしたタカオにも、成長を問われる試練が訪れるが…。愉快度バツグン、飛び出す啖呵も痛快なユーモア人情小説の決定版。 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・は行 文庫 小説・エッセイ

【中古】 ヤッさん(I) 双葉文庫/原宏一【著】 【中古】afb

【中古】 ヤッさん(I) 双葉文庫/原宏一【著】 【中古】afb
200円(税込・送料別)

原宏一【著】販売会社/発売会社:双葉社発売年月日:2012/10/12JAN:9784575515282

 
楽天ウェブサービスセンター
関連おすすめホテル

関連おすすめホテル

フォローする